Team Group Inc. Team Group Inc.

ニュース

Home ニュース

Jul / 14 / 2022

PCIe Gen5 SSD 新世代の元年、TEAMGROUP は最高の放熱ソリューションを提供致します

PCIe Gen5 SSDは高速転送パフォーマンスによる高温の熱問題に対して、ゲーミング向けブランド T-FORCE は、世界初CPUとSSDのふたつの熱問題を解決するデュアルヘッドの簡易水冷クーラーを発売致しました

PCIe_Gen5_SSD_800x435_en
 

家庭用ストレージ製品の急速な発展に、今年はPCIe Gen4 SSDから新世代PCIe Gen5 SSDの進化の元年になります。PCIe Gen5 SSDは高速転送パフォーマンスによる高温の熱問題に対して、ゲーミング向けブランド T-FORCE は、世界初CPUとSSDのふたつの熱問題を解決するデュアルヘッドの簡易水冷クーラーを発売致しました。PCIe Gen5 SSDが最適な動作温度を維持し、安定した長時間の高速動作を実現致します。ユーザーは次世代SSDの高効率的なストレージパフォーマンスを体験することが出来ます。

 

2000年代以降、ストレージデバイスの読み取り及び書き込み速度ニーズが高まり、SSDが徐々にHDDの代わりに台頭し始めました。そしてSATAインターフェイスを備えたSSDがアップグレードの最適な選択となりました。膨大なデータによる高速ストレージの需要と転送技術の普及と伴い、PCIeは現在高速転送における標準的なインターフェイスへとなりました。近年、PCIe Gen3 SSDの転送速度は最大3,500MB/s、PCIe Gen4 SSDの転送速度は7,000MB/sに進化し、現在にはPCIe Gen5 SSDの読み取り及び書き込み速度は12,000MB/sを超えています。各世代、SSDの転送速度を倍増しつつ、消費電力も増え、SSDの動作温度も上昇しております。

 

そのため、SSDの高速転送における動作温度の上昇による破損をトラブル防止により、自動減速保護がオンとなり、本来のスペックが活かせません。PCIe Gen4 SSDの消費電力が7,000MB/秒で約12Wの場合、コントローラーの温度は110度を超える可能性があります。PCIe Gen5 SSDの消費電力が12,000MB/秒を超える速度で14Wを超えると、コントローラーの温度がさらに急激に上昇することが予想されます。したがって、長時間安定した高速転送を実現するため、TEAMGROUPは、SSDを最適な動作温度で効果的に制御できる最高の冷却ソリューションを提供することに取り組んでおります。

 

TEAMGROUPは、ユーザーに最適な冷却ソリューションを提供するために、あらゆるパソコン環境や放熱素材の特性に応じて様々な冷却ソリューションを長年にわたって開発してきました。また、グラフェン銅箔ヒートシンクやアルミフィンヒートシンク等、いくつかの特許でも取得しております。今年、新世代のPCIe Gen5 SSDを迎えるために、TEAMGROUPは、業界初CPUとSSDの二重熱源を解決すデュアルヘッドの簡易水冷クーラーを発売致しました。世界中のユーザーに最適な放熱ソリューションを提供し、共にSSDストレージの新たなパフォーマンスを体験しましょう。

Compare

Compare Clear